Pandora for UNICEF/女性へのサポートを象徴するチャーム、期間限定販売

Pandora for UNICEF /女性へのサポートを象徴するチャーム “We can do anything – The power is in Me” 期間限定発売

Brand Jewelryは女性をサポートする活動を応援しています。
本日はデンマーク発のジュエリーブランドPandora(パンドラ)のUNICEFとの取り組みを紹介します。

Pandora は、2000年に発売したPandora Momentsチャーム&ブレスレットをきっかけに世界中で人気になりました。

魅力はなんといってもカスタマイズできるところ。ブレスレットに好きなチャームを選んで付けると、身につける人のオリジナルブレスレットが出来上がります。メッセージが刻印されているチャームをブレスレットにプラスして、ギフトユースとしても喜ばれます。

ブレスレットはスネークチェーン、バングル、メッシュといろいろなデザインがあり、チャームのバリエーションは数えるのが不可能なほどいろいろあります。

2019年秋からPandoraはUNICEFとコラボレーションし、若年層の女性たちが生き方を自分で選択し、夢を実現できるように支援するリソースを提供しています。

その一環として2020年3月5日(木)〜4月30日(木)、期間限定で新しいチャームを販売します。チャームの売上げは、変化への願いを込めて身につける「Charm for Change」という思想のもと、UNICEFの活動及び、男女共同参画を促進する活動支援のために寄付されます。

今日、世界には6億人の10代の少女がおり、その少女たちの6人に1人は中等教育を受けることができない状況下で生活していると言われます。

限定の”We can do anything – The power is in Me”は、女性の団体への呼びかけです。自己認識、価値観の探究、自信の構築をテーマにデザインされています。

Me、Weの文字にセッティングされたブルーのストーンはキュービックジルコニアで、「The power is Me(パワーは私にある)」「We can do anything(何でもできる)」というフレーズが印されています。

Pandora for UNICEF
“We can do anything – The power is in Me” チャームは、
全国のPandora直営店と、Padora 公式オンラインストアで販売されます。
https://jp.pandora.net/ja

2020年3月5日(木)〜4月30日(木) 期間限定販売
¥8,250(税込)

 

#ブランドジュエリー #Brand Jewelry  #ユニセフ # パンドラ