ジュエリーのバリュー02

広がるカラーストーンの世界

貴石だけでなく、反貴石と呼ばれるカラーストーン もバラエティ豊かな美しさで人気。カラーストーン の奥深い世界は、知るほどに興味をかき立てられます。アメシスト、ガーネット、トルマリンなどの半貴石。最近ではレアストーンと呼ばれる珍しい宝石が注目されることも。それぞれに個性と魅力を持っています。ファッション、誕生石、お守りなどいろいろなセレクトでお洒落の幅を広げましょう。

拡大

格調高いパープルにクールなピンクがベストマッチ。K18WG・アメシスト・ピンクサファイア・ダイヤモンドネックレス(ASPREY)

拡大

リング上から/緑色のガーネットは奥深い色合いが神秘的。Pt・デマントイドガーネット・ダイヤモンド。 ルビーとはまた雰囲気の異なるビビッドな赤。Pt・スピネル・ダイヤモンド(MAYUYAMA JEWELER)黄金の輝きは幸せを呼ぶ宝石。K18YG・シトリン・ダイヤモンド(ANGELINA)

拡大

リング上から/清楚でロマンティックなデザイン。K18WG・アクアマリン・ダイヤモンド(ANGELINA)華奢なアームがペリドットのボリュームと輝きを強調。Pt・ペリドット・ダイヤモンド。 トルマリンを包むようなプラチナがシャープ。Pt・ピンクトルマリン・ダイヤモンド(MITSUWA)

愛らしさを象徴する甘いピンクカラー

ピンクは女性にとって特別な色。カラーストーン ではピンクトルマリンやローズクォーツがポピュラーですが、

透明感のある優しいピンクカラーのモルガナイトもおすすめ。甘くロマンティックなデザインで女性らしいフェミニンな装いに。

日本の女性の肌にはルベライトが映えます

数々の美しいカラーストーン を用いてジュエリーを作るジュエリーデザイナーの松井久子さん。「ルベライト、メキシコオパール、ボルダーオパールなどが好きで、一つの作品に大きい石や小さい石をたくさん使ったりします。特にルベライトの独特のレッドピンクは日本の女性の肌色に似合うと思います。」松井さんのカラーストーン のジュエリーを着けると、肌や表情がぱっと華やかな印象に。まるで美容効果を考えたかのよう。

 

*この記事はBrand Jewelry 2010 SPRINGを再編したものです。
#ブランドジュエリー

拡大

リング上から/K18WG・モルガナイト・ダイヤモンド(PONTE VECCHIO)

拡大

上から/ルベライトリング。メキシコオパールトップ。大粒のルベライトトップ。(HISAKO MATSUI)

拡大

ブルートパーズリング。(HISAKO MATSUI)