「マイセン動物園」展 2019年7月6日(土)~9月23日(月・祝) パナソニック汐留美術館 チケットプレゼント

動物にテーマを絞った展覧会で、ほとんどが初公開作品

陶磁器の最高峰と呼ばれているドイツのマイセン。シンプルな白磁シリーズから花柄のカップ、デコラティブな置物など豊富なコレクションで人気ですが、2019年7月6日(土)~9月23日(月・祝)にパナソニック汐留美術館で開催されるのは、動物の作品に焦点を当てた展覧会です。

17世紀のヨーロッパでは、中国や日本で作られた純白で薄くて艶やかな白磁がもてはやされ、王侯貴族がこぞって製法を見つけようとしていました。なかでもドイツのザクセン選帝侯アウグスト強王は、何としてでも東洋の美しい白磁をヨーロッパでも作りたいと考え、錬金術師のヨハン・フリードリッヒ・ベトガーを監禁して磁器製造を命じます。

ベトガーは研究の末、ヨーロッパで初めて白磁の製造に成功し、1710年に硬質磁器窯マイセンが誕生しました。宮廷文化で栄え、300年という月日が流れてもマイセンの伝統は受け継がれ、現在もライフスタイルを優雅に彩る作品を追求しています。

今回の展覧会は、動物彫刻から壺や皿に描かれた動物まで、超絶的な技法で作られた作品が一堂に会します。作品の約9割が初公開で、ほとんどが個人蔵なのでこの機会を見逃したら、次回はいつ出会えるかわかりません。約120点からなる出品作品のうち、8割が彫像作品です。

19世紀末から20世紀初頭にかけて流行したアールヌーヴォーは、マイセンにも影響を与えています。釉薬の中に絵の具をしみ込ませるイングレイズという技法が使用されるようになり、淡く繊細な色あいの作品が作られていきます。

アールヌーヴォー様式の動物作品は、模様から表情まで動物のしなやかさが表現されていて、リアルさと可愛らしさの両方を感じられる作品が多く見られます。本展では、そういったアールヌーヴォー様式の作品を中心に構成しています。犬、猫、カワウソなどの動物作品の中から、自分の好きな作品を見つけるのも楽しいでしょう。

Text=Machida Akemi

《スノーボール貼花装飾蓋付昆虫鳥付透かし壺》 ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー 1820~1920年頃 個人蔵拡大

《スノーボール貼花装飾蓋付昆虫鳥付透かし壺》 ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー 1820~1920年頃 個人蔵

《人物像水注「四大元素の寓意」》 ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー 1820~1920年頃 個人蔵拡大

《人物像水注「四大元素の寓意」》 ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー 1820~1920年頃 個人蔵

《猿の楽団》 ヨハン・ヨアヒム・ケンドラーとペーター・ライニッケ 1820~1920年頃 個人蔵拡大

《猿の楽団》 ヨハン・ヨアヒム・ケンドラーとペーター・ライニッケ 1820~1920年頃 個人蔵

「マイセン動物園」展

■会期 2019年7月6日(土)~9月23日(月・祝)

■会場 パナソニック汐留美術館

■休館日 水曜日、8月13日(火)~15日(木)

■開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)

8月2日(金)、9月6日(金)は夜間開館 20:00まで(入館は19:30まで)

■入館料 一般:1,000円 65歳以上:900円 大学生:700円 中・高校生:500円 小学生以下:無料

お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
https://panasonic.co.jp/ls/museum/

《二匹のフレンチブルドッグ》 エーリッヒ・オスカー・ヘーゼル 1924~1934年頃 J's collection拡大

《二匹のフレンチブルドッグ》 エーリッヒ・オスカー・ヘーゼル 1924~1934年頃 J's collection

《二匹の猫》 オットー・ピルツ 1834~1940年頃 個人蔵拡大

《二匹の猫》 オットー・ピルツ 1834~1940年頃 個人蔵

《鴨とカエル》 アーサー・ランゲ 1901~1923年頃 J's collection拡大

《鴨とカエル》 アーサー・ランゲ 1901~1923年頃 J's collection

PRESENT

抽選にて読者5組10名様に、パナソニック汐留美術館にて開催される「マイセン動物園」展のチケット(2枚1セット)をプレゼントします。

プレゼント応募条件:注目のブランド「ニナ リッチ」の記事から【キーワード】を探し、合わせてサイトの感想・ご意見をお書きください。

応募先:応募フォームより必要事項をご記入の上、ご応募ください。

締め切り:2019年6月14日(金)

チケットの発送をもって、当選者の発表とさせていただきます。

《ライネケのキツネ》  マックス・エッサー 1924~1934年頃 個人蔵拡大

《ライネケのキツネ》  マックス・エッサー 1924~1934年頃 個人蔵

《カワウソ》 マックス・エッサー 1927年 個人蔵拡大

《カワウソ》 マックス・エッサー 1927年 個人蔵

《果実をくわえたオオハシ》  パウル・ヴァルター 1924~1934年頃 個人蔵拡大

《果実をくわえたオオハシ》  パウル・ヴァルター 1924~1934年頃 個人蔵

応募フォームへ ▶︎