ジュエリー&ピープル Marie Mas(マリー・マス)ディオールで活躍後、立ち上げたブランドの特徴は「キネティック」

「キネティック」という回転仕掛けを使ったジュエリー

マジシャンがカラフルな花束を黒のスカーフの中から取り出したり、一瞬にして洋服を変えたりするのを初めて見た時のことを思い出してみてください。純粋に楽しみましたよね。

マリー・マスの創業者マリー・カリブーが自分のジュエリーで表したいのは、まさにそんな気分です。まるでマジックやトリックが仕掛けられているようです。

彼女のジュエリーは、研究とリサーチをもとに、Swinging Stones(スインギング・ストーンズ)というシリーズになりました。特許取得済みの賢いメカニズムを持ったこのジュエリーは、小さなパーツをちょっと触ると、別の色の石が現れます。仕掛けは、2つのゴールドのバーの間に隠されています。

それぞれの宝石が動くのはDancing(ダンシング)というシリーズ。インド・ジャイプールで特別にカットされた透明で品質の高い宝石がセッティングされています。コインの表裏のように両面が使え、メリーゴーランドのようにくるくる回ります。メカはうまくデザインに作用し、スタイリッシュなコレクションとなっています。

*マリー・マスのジュエリーには、「キネティック」というメカが採用されている。キネティックは、クォーツのウォッチに採用される機構で、時計では腕や手首を動かすと、回転錘が回転し発電し充電される。

Text=Olivier Dupon

www.mariemas.com

【DANCING CUFF】Bracelet拡大

【DANCING CUFF】Bracelet

【DANCING NECKLACE】Necklace拡大

【DANCING NECKLACE】Necklace

【SIDE DANCING RIGID BRACELET】Bracelet拡大

【SIDE DANCING RIGID BRACELET】Bracelet

Q1〜Q9

Q1 ジュエリーに情熱を傾けられるのはどうして?

A  ジュエリーが大好きです。ジュエリーは彫刻、アート、デザイン、ファッションの中間のような存在です。

Q2 ジュエリーの仕事を始めたきっかけは?

A  とても自然の成り行きでした。テキスタイルを勉強し、卒業の制作物で、ジュエリーコレクションを作ったのが最初です。

Q3 経歴を教えてください。

A  パリのDuperréスクールと、フレンチ・ファッション・インスティテュートで学び、3年間クリスチャン・ディオールで
ジュエリーデザイナーとして働きました。2年前、自分のブランドを立ち上げたく独立したのです。

Q4 どんなジュエリーが好みですか?

A  好きなジュエリーは、母や祖母からもらったもので、センチメンタルなバリューを重んじます。

Q5 手放せないジュエリーについて教えてください。どうやって手に入れましたか?

A  好きなリングを3つ持っています。1つは母、2つは2人の祖母からもらったものです。

Q6 いつ会社を立ち上げたのですか? 難しかったですか?

A  2016年に起業し、2017年、ブランドを発表しました。大変でしたが、エキサイトしました。

Q7 あなたはビジネスモデルに従う人ですか?それとも感覚を重視しますか?

A  感覚重視です。そのほうが私の事業を発展させるのに向いています。

Q8 簡潔にブランドのコンセプトを教えてください。

A  コンセプトは「生命」です。動きと変貌することがコンセプトです。

Q9 どのように事業を発展させていますか?

A  初年度は一般的な方法で運営しました。今も勉強中です。難しいのはすべて同時進行に行うこと。どの業務も重要ですから。

【DANCING EARRINGS】Pair of earrings拡大

【DANCING EARRINGS】Pair of earrings

【DANCING OPEN RING】Ring拡大

【DANCING OPEN RING】Ring

【DANCING CREOLES EARRINGS】Pair of earrings拡大

【DANCING CREOLES EARRINGS】Pair of earrings

Q10〜Q19

Q10 ソーシャルメディアはあなたの仕事に影響していますか

A  もちろんです。すべての新しいブランドにビジュアルの面で影響があり、PRに効果があります。

Q11 キネティック(動く仕掛け)を取り入れる理由を教えてください。

A  キネティックは物に作用し、感動を呼び起こします。身につける人も、動く状況を楽しめます。
生き生きとした動作が好きなのです。私は、ジュエリーは瞬間に「ワオ!」という感動がもたらすことが大切だと思っています。
キネティックは、そういう意味でサプライズを与えてくれます。

Q12 「スインギング・ストーン」の動作を正確にするために、どれくらい時間がかかりましたか?

A  1年かけてテストし、完成させました。

Q13 技術的に難しかったのはどんなことですか?

A  メカニズムを小さなスケールで制作しなくてはいけないこと、そして安全で、強度を必要とすることです。

Q14 あなたのジュエリーは生粋のフレンチですか? あなたのこれまでのキャリアが役立っていますか?

A  フランス的かどうかわかりません。旅行の先々でインスピレーションを得るものが多いからです。カラーストーンのアイデアは、
完全にインド旅行をした時に閃いたものです。束縛を受けず自由であることが私には重要なこと。それがジュエリーのデザインに表れます。

Q15 「スインギング・ジュエリー」に多様なカラーストーンを選んだのはなぜですか?

A  形や色で、動くというアイデアを強調させたかったのです。カラーのグラデーションはフェミニンさを表します。
強いテクニックを使った構造に柔らかな色を加え、バランスを取りました。

Q16 強いファーストコレクションを発表しましたが、次作はどのようになりますか?
このパテントを取ったコレクションは、あなたのシンボリックなジュエリーになるのでしょうか?

A  もちろん、私の代表的なコレクションです。テクニックを進歩させ、今後のどのコレクションも動いたり、
変化したりするものを作ります。今、クチュールショー(パリで開催)に向けて新しい技術を開発しています。

Q17 ファインジュエリーの分野における、あなたのビジョンを教えてください。

A  ファインジュエリーは、もっと面白くなるでしょう。ニューブランドも登場し、違うタイプのジュエリーが生まれます。
同時に競争が激しくなり、存続し続けるのは難しくなるでしょう。

Q18 サステイナブルなジュエリーについて何かしていますか?

A  フェアマインドゴールドを使ったコレクションを計画しています。すぐに製造が実現すると思います。

Q19 「もしジュエリーがなかったら……」、一言お願いします。

A  マジックがない世界。

Marie Mas Portrait拡大

Marie Mas

Marie Mas

Think back to the first time you watched a magician pull a colourful bunch of flowers
from his black scarf, or your wonderment at an illusionist who just swapped costumes
in a blink of an eye. After a few moments of utter bemusement, I‘m sure you then felt
a burst of pure joy. It is precisely this feeling that Marie Caribou, founder of the
ingenious Marie Mas jewellery brand, would like to capture with each and every one
of her creations. And as with any magic, tricks are involved. Her jewellery is indeed
steeped in research and development, and years have been put into achieving the aptly
named Swinging Stones defining first collection. A clever and patented mechanism
allows the wearer to flick little buttons and reveal a different colour depending on
which surface of the button is facing up. The mechanism is sandwiched between two
parallel rows of gold bars, and individually affixed across the bars for the Dancing
series; or individually attached to a main tubular structure, facing the same direction
like a never-ending garland for the Swinging series. Specifically cut gemstones
(sourced in Jaipur for their clarity and quality) are set on each side. There is no front
or back, just two sides of the same coin, as in a merry-go-round it could go one way
or the other.

Thankfully the technical aspect does not overshadow in any way the stylishness of
this first collection. It is highly wearable and while the Swinging series is probably
more elegant, the Dancing one taps into what modern cool jewellery should be.

www.mariemas.com

Q1〜Q9

Q1 What makes you passionate about jewellery?

A I love jewellery for the fact that it is an object somewhere between sculpture, art, design and fashion.

Q2 How did you come to be working in the jewellery field?

A I came to it quite organically; I started my studies with textile design and my graduation project ended up being a jewellery collection. Even when I was working on accessories design, my shoes and bags always came out as jewels.

Q3 What is your background?

A I studied at the Duperré School and at the IFM (French Fashion Institute) in Paris, and then I worked as a jewellery designer for Christian Dior for 3 years. 2 years ago I decided to stop in order to launch my own collection.

Q4 What type of jewellery person are you?

A The jewellery I have and love the most are pieces that I have from my Mom, grandmothers and great grandmothers. For me the sentimental value is one of the most important things about jewellery.

Q5 What is the piece of jewellery you cannot part with? How did you come to own it?

A I have three rings that I really love: one is from my mom, and the other two are from each of my grandmothers.

Q6 When did you set up your business? Was it easy or difficult?

A I set up my business in 2016 but launched the brand in 2017.
It was equally difficult and very exciting!

Q7 Did you follow a business model or just your instincts?

A I followed my instincts to build the business model, which suits what I wanted to develop.

Q8 In a few words, can you describe the core concept of your brand?

A The core concept of my brand is to propose collections of “alive” jewellery. Movement and transformation are the core concepts of my brand. 

Q9 How do you manage to grow your business?

A In the first year I did learn a lot about business in general, and I still learn everyday. The difficult part is dealing with everything at the same time, because every part of the business is so important.   

Q10〜Q19

Q10 Has the social media revolution had an impact on how you do business?

A Social media certainly has an impact on the visibility of any new brand. It really helps to communicate.

Q11 Where does your attachment to kinetics come from?

A The kinetics promote an emotional response to the object, as you can actually interact with it. The kinetics make it alive and that’s what I love about it.
Generally speaking, the important thing for me in a jewel is that you have an immediate “wow” factor. Besides, kinetics is a very good way to stimulate that surprised feeling when you discover it.

Q12 How long has it taken to fine tune the mechanics behind ‘Swinging Stones’?

A It took me one year of intensive development.

Q13 What was the technically most challenging step in creating your pieces?

A The most challenging step was to have the mechanisms in a very small scale and for them to be safe and strong at the same time.

Q14 Is your jewellery quintessentially French? Or how has your personal history informed your creations?

A I don’t know if it is quintessentially French; however, I think I have been inspired by travels, the colour part, for example, is definitely inspired by my travels to India.
Having my freedom is very important to me and I think this spirit is quite visible in the jewellery, through the fact that everything is moving and free.

Q15 Why also have you opted for gradient colours in ‘Swinging Stones’?

A I used gradients in shapes and colours because I wanted to highlight the idea of movement. Graduated colours are also symbolic of femininity and softness for me, and I wanted to balance the very strong technical part of the mechanisms with colours.

Q16 How do you envisage moving on (creatively) from a very strong first collection? (Will your patented kinetics become a signature across all your future collections?)

A Certainly, the patented kinetics will become a signature of the brand, but I also want to develop other techniques and principles.
Every collection will be about movement and transformation, that’s for sure. The next collection and next technique will be ready for the next Couture Show, and I can’t wait to share it with you all!

Q17 What is your vision of the fine jewellery field at the moment?

A I think fine jewellery is becoming more interesting because there are constantly new brands coming up with something different, which is exciting; however, it also makes it harder for everyone to exist.

Q18 What is your contribution to make the jewellery field more sustainable?

A I am actually researching the use of fair mined gold in the new collection; it is in process so I hope it will happen soon.

Q19 Please complete: ‘a world without jewellery would be like…

A a world without magic.

TextOlivier Dupon

Olivier Dupon is a 21st century tastemaker and author of Fine Jewelry Couture (2016), SHOE (2015), Encore! The New Artisans (2015, Floral Contemporary (2014), The New Pâtissiers (2013), The New Jewelers (2012) and The New Artisans (2011), all published by Thames & Hudson.

INSTAGRAM <https://instagram.com/olivierdupon>