ジュエリー&ピープル Glenn Spiro(グレン・スピロ)15歳からジュエリーの道を目指した、生粋のハイジュエリーの制作者

Independent High Jewellers グレン・スピロ

ロンドン東部のつつましい家庭で生まれ、15歳で学校を退学、ジュエリーメイキングの世界に入ったグレン・スピロ。賢く志の高かった彼は、21歳でファリンドンに工房を開き、ハットンガーデンの金細工師として働き出しました。彼の独創性、腕前、工芸の豊かな知識はまもなく評判となり、大手の国際的なジュエリーブランドからも注文が来るようになりました。

その後25年の間に、スピロはジュネーヴに工房を移し、メジャーブランドのために素晴らしい作品を発表してきました。

2016年には、メイフェアの中心地、英国王室御用達ファッションデザイナーのサー・ノーマン・ハートネルの元サロンにプライベートの工房を構え、彼自身の名前で作品を作り始めました。同時にハロッズの高級宝石部門にスピロのコーナーも開設、2014年に立ち上げた彼のブランドG Londonを展開しています。

拡大

チタン、オレンジサファイア、ダイヤモンドのピアス。

拡大

ロシア産デマントイドガーネット、マザーオブパール、ジェイド、ダイヤモンドのリング。

拡大

チタンに、スパイクシェイプ、六角形ステップカットダイヤモンド、ブリリアントカットダイヤモンドのイヤリング。

Q&A

Q1 ジュエリーデザインに情熱を向けさせるものは何?
A  顧客が初めて僕たちの作品を身に着けた時に見せる笑顔。人の気持ちを高揚させた時、誰もやりがいを感じるものだろう。

Q2 ジュエリーで身を立てようと思ったきっかけはいつ?
A  ジュエリー界に入ったのは、卒業後にたまたま就職した時から。でも早い時期にこの道でキャリアを積むだろうと思っていた。僕は常に石と仕事をするのが好きで、早くから本能的に石の中にある何かを探すことがわかっていた。この創造の世界に偶然出会えて幸運だった。それにたまたまちょっとした才能にも恵まれたおかげで、素晴らしい人たちと出会い、世界各地を旅して、素敵な家族を持ち、幸せな生活をしているよ。

Q3 ジュエリーに対して自分をどんな人間だと思う?
A 元気でわくわくするようなジュエリーが好きだ、実際会話が聞こえてくるような。僕自身はあまり身に着けないが、ビッグサイズのクローバーのイヤリングを着けて散歩するのが好きだ。他の人、特に女性が着ける方がもっと素敵だと思うけれど。

Q4 仕事の上で「本物」と認められる重要な点は?
A 「本物」であることはとても大事なこと。この業界は評判がすべて。顧客の宝石に対する信頼を失ってはいけない。

Q5 ジュエリー制作の中で一番良い思い出は?
A 息子が一緒にやりたいといってくれた時かな。

Q6 今のあなたがあるのは、あなたのどんな性格によるもの?
A  僕は本能的直感に従う。実際的なものは他の人に任せたいね。私は人間が好きで、それによって世界中の顧客を知ることができた。彼らとなら笑いあいながら、真剣なビジネスができる。僕は説得力、創造的で、正直で、そして人とよいエネルギーを分かち合える。

Q7 あなたの哲学を一言で言うと?
A  第一に焦らないこと、急いでも決して奇跡は起こらない。時に、何年も保管しておいた宝石が、ある日突然アイデアがひらめいて制作に至ることもあるんだ。次にファッションやトレンドよりも自身の創造力に従う。「ワン・オブ・カインド」のピースに力を入れ、コレクションを作るのはあまり向いていない。

Q8 制作において自分のしたいように、もしくは実験的なものを作るか、それとも常にルールに従うべきか?
A 私たちはルールに従わない。音楽はチームで作り、ファッションは自由な流れの中で形作られる。そのうえ、世界、そして技術や私たちがなす術も変化している。私たちは今ある仕事をして、チャンスを恐れる必要はない。

Q9 デザインに何か英国らしさを取り入れているか?
A 歴史的に見て、英国のデザイナーの中で最高峰には「大胆さ」がある。その見地からいえば「イエス!」

Q10  制作を開始したばかりの頃と今とでは変化や進化はある?
A  かなり進化しているが、最初からユニークなものを作ることで知られていた。そして本当に個性的なものを探している人に受け入れられた。自分自身は、今の方が穏やかで心が広くなって、焦らなくなったね。

Q11 ハロッズから遠く離れて、プライベートサロンをオープンした理由は?
A  ハロッズの前は、ずっと25年以上プライベート工房で働いていた。ハロッズはいわば私たちの窓口のようなもの。世界中からやってくる顧客はむしろ私たちの工房に喜んでやってきてくれるんだよ。

Q12 あなたにとってSNS(ソーシャルメディア)とは?
A 接客は、顧客と一対一で向き合うことに尽きると思う。私たちは古い集団のアトリエで、顧客はやってきてドアの上の表札を見て入る、今ではこうしたスタイルはあまり見られない。現代のスーパーブランドに対し、顧客はもっときちんとした対応をしてもらえるように声を上げるべきだ。

Q13 今の高級ジュエリーの業界におけるあなたのビジョンは?
A 今はとても面白い時期だと思う。特に大手のファッションブランドが市場に入ってきて、革新的なことを推し進めている。同時に人々は、僕たちのような独立したハイジュエラー、たとえばaffinやViren Baghatといった本当に独創的な作品に惹かれる人が増えている。昔のアトリエやサービスに関心を持つ人が戻ってきているのではないかと思う。

Q14 あなたの作品のコレクターを一言で言うと?
A  私の顧客は、さまざまな背景を持っている。ジュエリーに対して本当の理解力があり、目利きである彼らは、ユニークで自信にあふれた、最高の何かがほしいと思っている。

拡大

ネックレスとイヤリングの主役は、クッションカットのコロンビア産エメラルド(スイス・グベリン宝石鑑別書付)。

拡大

デマントイドガーネット、ダイヤモンドの「リーフ」ブローチ。

拡大

チタン、ダイヤモンドのバングル。2本一緒にした画像。

Independent High Jewellers Glenn Spiro

From modest beginnings in east London where he was born, the young Spiro quit school at 15 to join English Artworks so as to learn jewellery making. A smart and ambitious learner, at just 21 he opened a workshop in Farringdon, following a time spent as a goldsmith in Hatton Garden. Soon his reputation for creative ingenuity, savvy personality and inside-out knowledge of the craft grew and large international jewellery brands came running to use his services. This meant that for the next 25 years, Spiro and his Geneva workshop had been creating extraordinary renditions for the big houses. This prompted our maestro to start selling his work under his own name, and as superlative products need a superlative setting, he created a private atelier in fashion designer Sir Norman Hartnell’s former salon in the heart of Mayfair, in 2016. This confidential space came in addition to Spiro’s presence in Harrods’ fine jewellery room, where he had launched his label, G London, in 2014. Two exclusive destinations that allow international jewellery aficionados to experience Spiro’s philosophy to the fullest: discretion, one-on-one attention and unique jewels in every sense of the word.

 

 

 

拡大

木、ブラウンダイヤモンド、ダイヤモンドのバングル。

拡大

チタン、ルビー、ダイヤモンドのリング。

拡大

グレン・スピロ/Glenn Spiro

Q&A

Olivier Dupon – What kind of jewellery person are you?

Glenn Spiro I love brave, exciting jewels that are real conversation pieces. I don’t wear much myself as much as I’d love to walk around with some large scale clover earrings on I think they look better on other people, specifically women with style.

 

OD – What personality traits do you have that has led you to where you are today?

GSI follow my gut instinct and let other people do the pragmatic stuff. People also fascinate me and this helps as I get to know clients from all over the world. You have to be able to have a laugh with them at the same time as doing serious business. In addition, I am persuasive, creative, honest and a sharer of good energy.

 

OD – How would you yourself best describe Glenn Spiro’s creative philosophy?

GS The key to our creative philosophy is firstly never to rush anything, as the magic never happens if you are in a hurry – sometimes we have stones sitting in the safe for years and then suddenly an idea will come as to how to set them. Secondly we try to stick to our own creative path rather than be swayed by fashions and trends. We make one-of-a-kind pieces so trying to work in themed collections is really not suitable.

 

OD – Is it possible to totally free-flow / experiment or does one always need to follow rules?

GS We never follow rules, we put the music on with the team and work in a totally free flow fashion. Besides, the world changes and so does technology and the way we do things, we need to work with what we have and not be scared to take chances.

 

OD – How important was it for you to open a ‘private salon’ away from ‘the main private salon’ at Harrods (a home away from home)?

GS It was very important indeed. Before Harrods, we always worked from a private atelier (for over 25 years actually), and while Harrods is our window to the world, we have clients visit us from all over the world who love stepping into a truly private space.

 

OD – In this day and age of ultra availability and immediacy (social media), how can one preserve confidentiality and rarity?

GSI think the only way is by meeting clients face to face. We are an old school atelier and one of the very few left today whom clients can come to and see the name above the door. I think in this age of the ‘super brands’, clients are crying out to be properly looked after with individual attention.

 

OD – What is your vision of the high jewellery field at the moment?

GS It’s a really interesting time for high jewellery at the moment, particularly as some of the big fashion houses have entered the market and are putting so much investment into it. Simultaneously people are increasingly drawn to the independent high jewellers such as ourselves, Taffin and Viren Baghat for really interesting unique pieces. I think there is a return to the old school ateliers and the service that they bring.

www.glennspiro.com

Text=Olivier Dupon

Olivier Dupon is a 21st century tastemaker and author of Fine Jewelry Couture (2016), SHOE (2015), Encore! The New Artisans (2015, Floral Contemporary (2014), The New Pâtissiers (2013), The New Jewelers (2012) and The New Artisans (2011), all published by Thames & Hudson.

INSTAGRAM <https://instagram.com/olivierdupon>

キーワード:グレン・スピロ