Goldsmiths’ Fair(ゴールドスミス・フェア) スウィンギング・ロンドンを象徴するジュエリー

Barbara Cartlidge (バーバラ・カートリッジ)コンテンポラリージュエリーを通して自分の考えを伝える

1960年代のロンドンは戦争を経験していない若い世代のカルチャーにあふれ、まさに「スウィンギング・ロンドン」という呼び名がぴったりの時代でした。ビートルズが全く新しいメロディとリズムで、ローリング・ストーンズがセクシャルで怪しげなパーフォマンスでティーエイジャーを熱狂させ、キャットウォークでは新時代の美のシンボル、ツイッギーが枝のような細い脚で闊歩していました。誰もが新しい風を求め、ファッションや音楽、アートが世の中に与える影響は、かつてなく強大になっていました。

そんな時代、ジュエリーの世界ではナチスから逃れ、ベルリンからロンドンにたどり着いた一人の女性が注目されます。ユダヤ系ドイツ人バーバラ・カートリッジ。日本ではその名は知られていませんが、彼女は「Twentieth-Century Jewellery and Rings」など多数の宝飾史の著書を書き、クリスティーズやサザビーズのジュエリーやアートの教育部門で教鞭をとり、作品はヴィクトリア&アルバート博物館などに所蔵され、ヨーロッパでバーバラ・カートリッジといえば、コンテンポラリージュエリーの草分けとして有名です。

彼女が活躍した60〜70年代は若い世代の型破りなムーブメントが沸き起こる一方、今以上に保守的な考えを持つ人々が大多数でした。数年前、ストーンズのラスベガスのショーの席でビルとヒラリー・クリントン夫妻がライブを楽しむ映像を見ましたが、政治家といった立場の人がロックを聴くなど50年前の大人には考えられないことだったのです。

ジュエリーももちろん同じです。そこに、カートリッジは、ジュエリーは富裕層のステータス(現在でも概ね考え方は変わりませんが)であったイメージを一新させる、安価なシルバーやゴールドの細工、アメシストを含むさまざまな色の水晶などあまり効果ではない宝石を使って、ジュエリーを発表しました。彼女は技術と教養を身につけるために、London’s Central School of Arts (現在のCentral Saint Martinsの前身──卒業生にはステラ・マッカートニー、アレキサンダー・マックイーン、ジョン・ガリアーノなどがいる)で学び、1960年にソロで行った展覧会で『ヴォーグ』『ハーパースバザー』に取り上げられ、一気に注目されるようになりました。

そして、1971年、共同経営者ラルフ・ターナーと共にコンテンポラリージュエリーとアートのギャラリーElectrum GalleryをロンドンのSouth Molton Street にオープンしました。2007年にリタイヤを決めるまで、彼女は多大な影響をヨーロッパのジュエリー界に残しました。ジュエリーのみならず、彼女は宗教や民族に関わらず、ナチスから逃れてきたドイツ避難民の支援活動にも取り組みました。こうした彼女の思想や活動は、ジュエリーという物を通して人々に語りかけます。

今日ヨーロッパでは、ジュエリーの制作者に、なぜ、どうして制作したのか、コンセプトや思想を求める傾向にあります。単純に美しいだけなら、他にもっといい物があるかもしれないと消費者は考えるからです。しかし、この制作者にしか作れないジュエリー、この宝石しかありえない輝きといった「心を揺さぶられる」ジュエリーと出会えば、人はジュエリーを買うのでしょう。

2016年夏のGoldsmiths’ Fair ではバーバラ・カートリッジの回顧展A Passion for Jewelleryを開催しました。Goldsmiths’ Fairは、特にクラフトマンシップにこだわってジュエリーを展示し、販売する展覧会です。さまざまな企画を行っており、ジュエリーに興味のある人には必見です。

2017年は、9月26—10月1日/10月3日—8日に開催されます。

詳細はこちら
https://www.goldsmithsfair.co.uk/visit/

Text=Watanabe Ikuko

写真上から

Barbara Cartlidge(バーバラ・カートリッジ)

 

Barbara Cartlidge / Pendant: Silver, amethyst, agate
ペンダント:シルバー、アメシスト、アゲート

 

Barbara Cartlidge /Ring“His master’s voice” : Silver, gold
レコードプレイヤーの形のリング:シルバー、ゴールド

 

Barbara Cartlidge /Ring“His master’s voice” : Silver, gold
タンスの形のリング:シルバー、ゴールド

Jewelry Photo=Elke Bock

 

*Brand Jewelry Web メールマガジン登録 はこちら

バーバラ・カートリッジ Barbara Cartlidge拡大

拡大

拡大

拡大