ジュエリー&ピープル Katie Kova カティエ・コーヴァ

シュプレマティストのように、彫刻的に

オートクチュール・コレクション・バイ・コーヴァ・ジュエルズはコンセプチュアルなジュエリー。体を基礎にして作られた彫刻のようです。「頭脳に訴えかけるジュエリー」とロシア生まれの創業者カティエ・コーヴァは言います。2015年よりコーヴァは鍛造をベースに知的ジュエリーの位置づけで制作に取り組み、2016年6月パリのクチュール・ウィークで初めてオートクチュールジュエリーを発表しました。大胆で知性にあふれた作風は、編集者たちの関心を引き、好印象を築き上げました。

カティエ・コーヴァは非常に才能のあるジュエリーデザイナーです。デザインは彫刻的で型破り。6本の指につけるリングは彼女の思想を表しています。それはロシアのシュプレマティスの影響を受けたものです。シュプレマティスムとは、1913年から1920年頃にかけてロシアで流行した徹底した抽象絵画です。「シュプレマティスは、純粋芸術。シュプレマティストにとって具象は意味がありません。重要なのは感じること」と語ったのは、1913年シュプレマティスという芸術思想を訴えたロシアの作家カジミール・マレーヴィッチ。

6本のリングは重力の法則に則ったシンプルなもの。相性のいい宝石と貴金属の組み合わせを探し出すことから作業が始まるこのリングは、デザインに命が吹き込まれ、素晴らしいカラーコーディネートで、流行となりました。全体のプロポーションとボリュームも完璧。ラインはすっきりとしていて、洗練された建築にも例えられます。表面はきちんとポリッシュされていますが、温かみもあります。「一つのステートメントに基づく6つの表現を通じて物語を伝えたかったのです。最初からこのリングは重要な意味を持ち、オートクチュール・コレクションではカクテルリングという形で可能性を追求したのです」とカティエ。

カティエは、世界中にこのリングを広め、アーティストとしてのメッセージを伝えるため、コンテンポラリージュエリーのアーティスト、ナオミ・フィルマーとチームを作り、シンボリックなディスプレイを作りました。カティエの言葉よると、「制作には10カ月もかかったけれど楽しかったです。2人が作りたい物はすぐに一致し、ひたすら細部にこだわりました。それはとても楽しい作業でした。ずっとやっていたい仕事です。作業そのものがアートなんです」

面白いことに、カティエの家族は建設業です。つまり彼女がこの道を選んだのはごく自然の流れだと言えます。「でも私はクリエイティブであることに情熱を注いできました。その結果、ブランドを持つことができたのです。建設のためのコンセプトを考えることも耐久性のある金属を使用する点でも、建設と宝飾は共通点があると思っています」

現在までブランドは順調に成果を上げてきました。2 年をかけて「コレクション1」を作り上げ、それは今3つのコレクション「I」「I.B」「I.C」に分かれ、6カ月ごとに新作が生まれています。2017年の春には「コレクションII」が発表されます。「ラグジュアリーな分野で徐々に私たちの商品は認められ、期待されるようになっていますが、幸いなことに、新しいものを創造することに時間をかけてもよい規模のビジネスです」とカティエ。「最初のオートクチュール・コレクションの制作には18カ月、石を探すだけでも3カ月かけたのですよ」。「いい物には時間がかかるの」とも。
次のオートクチュール・コレクションは、2018年7月に発表の予定です。
www.kovajewels.com

*Brand Jewelry Web メールマガジン登録 はこちら

Katie Kova

Haute Couture Collection I by KOVA Jewels is conceptual as if the focus was entirely on sculpture for the body. ‘Rather cerebral’ the brainchild and founder Russian-born Katie Kova would add. KOVA Jewels is indeed a jewellery brand that has a firm ambition to establish itself for the long run by the way of forging intelligent designs. Since 2015 it has been a fine jewellery brand only, until they decided to enter the Haute Joaillerie arena in June this year during the Paris Couture week; a bold move and a clever one which intrigued editors and cemented credentials.

Katie Kova’s talent is all about forging sculptural and unconventional designs; a philosophy that has been pushed further with this first high jewellery series of six rings, which was mostly inspired by Russian Suprematism. “By ‘Suprematism’ I mean the supremacy of pure feeling in creative art. To the Suprematist the visual phenomena of the objective world are, in themselves, meaningless; the significant thing is feeling”, Russian artist Kazimir Malevich said about the artistic movement he created around 1913, that constitutes one of the earliest and most radical developments in abstract art.

The rings are each a montage of simple shapes assembled as the law of gravity intended. Finding the perfect match of stone and metal that will bring the design to life and formulating glorious colour mixes are prevalent. Proportions are voluminous yet perfectly balanced; lines are clean but architecturally sophisticated; surfaces are coolly polished though emotionally charged. “We wanted to tell a story based on one statement piece presented in six different interpretations. From the very beginning we´ve felt strongly about rings as a category, so our Haute Couture collection is an exploration of the cocktail ring as a veritable statement piece and its multiple possibilities”, the designer says.

In order to present the rings to the world and highlight further their artistic message, Katie Kova teamed with artist Naomi Filmer to create displays in perfect symbiosis with the collection. “They feel so effortless even if they took 10 months to develop and produce. We identified the direction straight away and spent significant time on every little detail, which is what I enjoyed the most in this process. It is something that you keep on exploring over time. This, in my opinion, is what makes it a piece of art in itself”, Katie explained.

Interestingly, Katie’s family comes from the construction field; indeed she had a career lined up in that direction. “But I made a very important decision to lean towards my passion and explore the creative project that is now my brand. Fine jewellery is to me an extension of my previous career: the conceptual approach to construction and the endurance of materials are common to both trades”, she shares.

So far, the expansion of the brand has been planned with military precision. It took two years to develop Collection I, the first ready-to-wear collection, which is split into three sub-collections – I, I.B and I.C – that have been rolled out every six months since July last year.

Come March 2017, the first part of Collection II will be presented. “Our gradual build-up raises questions on the speed of communications and expectations in the luxury goods industry. Hopefully our approach will show that you can still take your time to develop collections while keeping an element of newness”, Katie explains. “Our first Haute Couture collection, which we presented in July this year, took 18 months to develop. Some of the stones even took three months to source.” And in keeping with the saying ‘good things take time’ the second haute joaillerie opus will only be unveiled in July 2018.

Text by Olivier Dupon

Olivier Dupon is a 21st century tastemaker and author of Fine Jewelry Couture (2016), SHOE (2015), Encore! The New Artisans (2015, Floral Contemporary (2014), The New Pâtissiers (2013), The New Jewelers (2012) and The New Artisans (2011), all published by Thames & Hudson. INSTAGRAM <https://instagram.com/olivierdupon>

拡大

拡大

拡大

拡大

拡大

拡大