ジュエリー&ピープル Buddha Mama ブッダ・ママ

子供達が巣立ち、天職であるジュエリーデザイナーに

ブッダ・ママは、アメリカのジュエリーブランド。デザインとバックグランドのストーリーに独自のスピリチュアルな考えを持っています。その名の通り、仏陀の教えや東洋の哲学に強く影響されていることが窺えますが、とはいえ、あくまでもジュエリーブランドであり、信仰の有無にかかわらず支持されています。

コレクションには吉兆、ランプ、曼荼羅、ハバナの夜といった名が付いています。ポジティブなエネルギー、あるいは官能的な時間をイメージさせ、それぞれのコンセプトと共に特徴のあるデザインパターンがあります。全体に博愛のような感覚も込められています。ネイティブ・アメリカンの住居に用いる幾何学的な文様への敬意、ボヘミアンでグラマラスな要素、その他、クロス、スター、目、手など宇宙的で精神性を含むシンボルを取り込み、それらはお守りの意味合いも含んでいます。「どの作品にもスピリチュアルな意味を込めています。それはリングアームや裏側に施す小さな彫りであったり、もちろん全体像に込めたり、いろいろな所に深い意味が隠されているのです」とブッダ・ママの創業者ナンシー・バディア。

最初、ジュエリーの制作はチャリティが目的でした。3人の子供の母であるナンシーは、地元の仏教のコミュニティセンター・禅ヴィレッジに寄付する方法を考えました。彼女はブレスレットを作り始め、売り上げの一部を献金することにしました。「キッチンでビーズを繋いでブレスレットを作り出しました。すぐに友人たちからオリジナルを作ってほしいと注文が入り、そこからビジネスが始まったのです。現在も毎月、マイアミのクリスティ・ハウスとニューヨークのチベットハウスに寄付しています」

ブッダ・ママは、末っ子の娘がカレッジを卒業すると本格的にデビューを果たしました。3人の子供達が巣立ち、ようやく事業に専念する時間ができ、競争が激しく、飽和状態の市場に飛び出していったのです。彼女は元々ジュエリーが好きでしたが、長いこと家事育児を優先していました。しかし迷うことなく天職に就くちょうどいい時期が訪れたのです。「私にとってジュエリーデザインは限りなく可能性を秘めた仕事です。デザイン、宝石選び、仕上げ、いろいろな美しい作業があります。クリエイティブな側面も好きです。新しい石を見つけて、予想外のカラーを一緒にしたり」とナンシー。

幾何学的なラインに、ムーンストーンやカルセドニーなどの淡い色のカボションやビーズを合わせると、相反するものが調和し美しいバランスが生まれます。ゴールドのフィリグリーで仕上げられた繊細なレースとも言えるでしょうか。インディアンジュエリーによく見られるエナメルも現代的な解釈を行い、取り入れています。今日まで仏教の教えをヒントに、140ものラインアップを制作してきました。

売り上げの一部は、2カ所の団体に寄付されます。「寄付が続けられることは幸運だと思っています。私達は慈善と事業の成功が一致すると信じています。商品が売れれば、慈善を続けることができます」。ナンシーは料理も好きで、人々にごちそうすることも喜びです。彼女の仕事は一貫して時間を共有し、愛を分かち合い、育てるために向かっています。
www.buddhamama.com

Brand Jewelry Web メールマガジン登録 はこちら

Buddha Mama

Buddha Mama is an American jewelry brand that embraces spiritual doctrines as a source of inspiration for both the designs and back-stories. It is indeed completely steeped in Buddhist principles and Eastern philosophies, yet it is first and foremost a fine jewelry brand, hence welcoming jewelry lovers from every faith or none.

The collections all bear names that combine positive energy and sensual moments (Auspicious, Lantern, Mandala and Havana Nights), and each heralds a core concept around which specific creative patterns grow. Overall there is a sense of benevolence; here there is homage to Indian palace geometrical motifs, there a dash of bohemian glamour, all the while universally spiritual symbols abound (crosses, stars, eyes, hands etc.) and each piece becomes a talisman in the end. “We always try to input a little spirituality into every design, even if it is as small as the engraving on the side of a shank, or a back grill or the main focus of the piece; each design ultimately has a
deeper meaning behind it,” Nancy Badia, the founder of Buddha Mama, explains.

It all started as a goodwill gesture. A busy mother of three, Nancy was looking for a way to raise funds for her local Buddhist center, Zen Village, and so she began selling bracelets in order to contribute her profits from their sale. “Buddha Mama began for the purpose of giving back. I started stringing beads in my kitchen to help raise funds for my local Buddhist center. Soon after, I had friends asking me to design custom pieces and it sort of took off from there. To this day we still donate monthly to Kristi House in Miami and Tibet House in New York”, Nancy shares.

Buddha Mama was launched almost immediately after her youngest daughter left for college. With all her children having flown the nest, she then had the attention and time for an enterprise such as launching a costly business in a highly competitive and rather saturated market. Of course, Nancy had been passionate about jewelry for a long time but looking after her family was a priority and it was just a question of postponing her vocation for when the time was right. “What I love about jewelry design is the endless stream of possibilities it offers. From designs, to stones, to finishes, there are so many beautiful things that can be done. I love the creative side of it – finding new stones and putting funky colors together”, Nancy says.

While geometrical patterns contribute angular lines, the placement of cabochons or beads from soft hued gemstones such as moonstones or chalcedony adds a tender counterbalance. Likewise the use of lace-like gold filigree supplements the overall delicacy of the pieces, which exude joyful femininity. Enamel is also a favorite and being a staple of Indian jewelry-making, Buddha Mama is able to inject some modernity in its application. The same way Buddhism has layer upon layer of teachings and nuances, Buddha Mama jewels contain lots of details and to date this year, Buddha Mama has brought to life 140 renditions.

A portion of their profit goes to the two charities cited earlier. “We are fortunate enough to be able to donate consistently to two charities that are near and dear to our hearts. We truly believe that one can combine spirituality and generosity in a successful business. We attribute a great deal of our success to our commitment to maintaining a generosity of spirit; when people respond to our work that allows us to give back in a meaningful way and the cycle of generosity perpetuates itself”, Nancy observes. No wonder then that food and cooking are also Nancy’s passions, especially ‘creating a feast’ as she puts it. After all it proceeds from the same desire to share, nurture and show one’s love through time spent combining ingredients together.

Text by Oliver Dupon

Olivier Dupon is a 21st century tastemaker and author of Fine Jewelry Couture (2016), SHOE (2015), Encore! The New Artisans (2015, Floral Contemporary (2014), The New Pâtissiers (2013), The New Jewelers (2012) and The New Artisans (2011), all published by Thames & Hudson.
INSTAGRAM <https://instagram.com/olivierdupon>

ブッダ・ママ Buddha Mama リング ブランドジュエリー ウェブマガジン拡大

ブッダ・ママ Buddha Mama リング ブランドジュエリー ウェブマガジン拡大

ブッダ・ママ Buddha Mama バングル ブランドジュエリー ウェブマガジン拡大

ブッダ・ママ Buddha Mama ペンダント ブランドジュエリー ウェブマガジン拡大