BJ EYE Michael Koh マイケル・コー

ダイナミックで繊細なシンガポール・ジュエリー

カラーテル—シンガポールに拠点を置くこのブランドは、魅惑的なカットをほどこした希少な天然石をふんだんに用いた眩しいほどの強い輝きと、大胆でウルトラ・フェミニンなデザインが特徴です。毎年2〜3のコレクションの他、コレクションに含まれない単独のものを発表しています。

「私は自然の美の崇拝者であり、処理された宝石やシンセティックストーンは使わないようにしていますが、今日、無処理の宝石を探すのは難しい。しかしエメラルドなら、含浸処理(色をきれいに見せるために無色の油や樹脂を含ませる技術)による油分が少ないものを選んでいます」とデザイナー、マイケル・コーさん。

彼の作品はどれも細部が複雑です。職人の巧みの技は、宝石を抱擁するかのように包み込み、一見もろそうなほど繊細な細工は、透明感のある優美な表情を生み出しています。彼のイマジネーションはアートへと昇華され、満ちあふれる創造性は感動を呼び起こします。バロックのシンボル(天使など)から建築や植物モチーフと、終わりのない旅のように作品が生み出されます。ジュエリーは、小さな場面に細かな作業を行って作り出すものですが、手編みのレースやミニアチュールペインティングと共通点が見いだされます。

コーさんの湧き出る創造性によって、カラーテルジュエリーは膨大なコレクションを生み出してきました。

「20年間ジュエリーの世界で活動し、多数のタイムレス・ピースを販売してきました。どんな作品だったのか忘れているものもあり、今の希望は、販売したすべての作品を呼び戻し、展覧会を開きたいのです」

エンジェル・ペンダントは小さくて愛らしく、お守りとしてオーラを放っています。楽器を演奏している小さなエンジェルは、とりわけ心に響きます。ジェイドとダイヤモンドのドロップイヤリングは、複雑で繊細なカラーテルジュエリーを象徴しています。曲線にカットされたジェイドに宝石の花をちりばめたものも印象的です。また、印象派コレクションも忘れてはなりません。このコレクションにはデザイナーの哲学が込められているのです。3名の偉大な作家への敬意を表した作品です。モネ、キュビスム時代のピカソ、そしてゴッホ。彼らの作品を宝石に置き換えて制作しています。曲線や鋭角のラインは画家の筆を思い起こさせます。溢れんばかりの鮮やかな色彩、微妙な色合いはキャンバスに塗り込められたオイルペインティングのよう。

2002年に妻と共に作り出したカラーテルジュエリーは、2004年デビューを果たしました。「当時、シンガポールには“ビースポーク”ジュエリーという市場はありませんでした。今でもニッチな分野ですが、自身のワークショップやブティックも構えることができるようになりました」とデザイナー。シンガポールで訪れてみたい宝石店です。

写真、上から
エンジェル・ペンダント。

ジェイド・イヤリング。

「ガーデンコレクション」ミッドナイト・ロータス リング。

デザイナー:マイケル・コー

Caratell, Sigapore Bespoke jewelry

With Caratell jewellery, rare, natural and very occasionally treated gemstones abound in a wide range of seductive shades, forming part of a dazzling array of bold yet ultra feminine designs, as part of two to three collections a year as well as plentiful standalone pieces. “I am a true believer in natural beauty, therefore I try not to use gems that have undergone treatment or that are synthetic. Although it is difficult at times to find untreated gems such as emeralds, I always make sure they are ones with minor oil”, the Singaporean designer, Mr Michael Koh, adds.

 

Each of the pieces reveals layers of intricate details: the goldsmith’s ingenuity embracing the radiance of the gems; the apparent fragility of sculptural silhouettes becoming pure delicacy. Whatever Michael Koh’s imagination grasps, it becomes a piece of art, and with sources of inspiration so manifold the variety of themes in his output is impressive. From baroque symbols (e.g. angels), via architectural motifs to a riveting homage to flora, each creation is a journey. There is such a generosity in the amount of detail for such a small scale – a jewel – that it has a lot in common with the most ravishing embroidery work or miniature painting.

The sheer volume of creations may also spellbind you; each one more phenomenal than the next is indeed one of the primary reactions to Caratell’s jewellery. Mr Michael Koh has such an outpouring of creativity that “…after two decades in the jewellery industry, I have created many timeless pieces, however, I honestly only vaguely remember all of them. My wish would be to arrange a “reunion” of all the creations ever sold over the years, a kind of consolidated single exhibition,” he explains.

The ‘Angel’ pendants from the Angel collection are exquisite trinkets that possess charm and a protective aura. The little angels play music instruments, which is most probably a way to connect with our hearts. Or take the Jade and Diamonds drop earrings, as all Caratell pieces it is a feat of both intricacy and delicacy. The carved jades are peppered with tiny precious blossoms. When you think Nature does it best, Caratell challenges this perception.

Even though the feat of both craftsmanship and artistry is inherent in each Caratell jewel, it is overwhelmingly apparent in the Impressionist collection: where, and in keeping with Michael Koh’s philosophy, it is a case of paying tribute to Art by creating Art. Having elected three great artists (namely Monet, Picasso in his cubist phase, and Van Gogh), the Caratell designer has rendered in precious form an interpretation of some of their works. The result is sensational: sinuous or angular lines that recall the brush of the painter, and bursts of vivid or delicate hues like oil on canvas. Michael Koh may truly be a calligrapher of modern tales as all his jewellery bears a pictorial quality.

Together with his wife and since 2002, they toyed with the idea of creating Caratell. Eventually it was launched in 2004. “At that time we felt that the Singapore market was lacking bespoke jewellery. Although it is a niche field, we fit perfectly into this category as I already had my own workshop and both of us were trained designers”, Michael Koh explains.
Tex by Olivier Dupon

www.caratell.com

Olivier Dupon is a 21st century tastemaker and author of Fine Jewelry Couture (2016), SHOE (2015), Encore! The New Artisans (2015, Floral Contemporary (2014), The New Pâtissiers (2013), The New Jewelers (2012) and The New Artisans (2011), all published by Thames & Hudson.

INSTAGRAM <https://instagram.com/olivierdupon>

マイケル・コー エンジェルペンダント 天使 シンガポール 翡翠 拡大

Angel Pendant

ジェイド イヤリング 翡翠 シンガポール Michael-koh拡大

Jade Earrings

ミッドナイト・ロータス  フラワー 花 リング 拡大

Midnight Lotus Garden Collection

michael koh シンガポール ジュエリーデザイナー拡大

Michael Koh