BJ EYE スワロフスキー GEM VISIONS 2017

スワロフスキーといえば、高感度なデザインのクリスタルジュエリー。でも実はオーストリアを代表するこの大企業、スワロフスキーグループは天然石も販売しているのは、ご存知ですか?

毎年1回、スワロフスキーのジェムストーンビジネス部門が行っているのが、トレンド予測やデザイン提案。専門家とチームを作り、GEM VISIONS(ジェムビジョン)というタイトルで発表しています。

2004年にスタートしたこのプロジェクトは、毎年、斬新なテーマやビジュアルが印象的です。ジュエリーのトレンドやデザインの話題は、普通ファッションとの関連性が中心ですが、GEM VISIONSには世界の情勢や地球環境への配慮など社会へのメッセージが読み取れます。

去る6月のラスベガスのジュエリーショーJCK で「GEM VISIONS 2017」が発表されました。

2017年のトレンドの全体像

すべてに備わる「二極性」を強く訴えています。芸術と科学、自然と人工、若者と老人、アンティークとアヴァンギャルド、現実とバーチャルなど、反対のものの魅力を互いに引き寄せ合う感覚です。

消費者となるのは、ジェネレーションY(1980年〜2000年に生まれた世代。国によって時期の捉え方は異なる)と呼ばれる世代。10代からデジタル環境に馴染んでいる世代の消費マインドをくすぐるものが求められます。

トレンド、4つの方向性

GEM VISIONSでは、4つのトレンド・テーマを発表しました。

1:Existence(エクジスタンス)

  • インスピレーションの基となるのは絶滅した動物や化石
  • クールで現代的、同時にオーガニック・テイスト
  • エシカル&ラグジュアリー
  • アゲート、グレー・デンドリティック・ダイヤモンド、ムーンストーン、アンバー、コーラル、パール、溶岩、骨、化石、貝、化石化した木、ジェット、黒曜石、クォーツ、大理石
  • シャルトリューズ(フランスのリキュール)、モスグリーン、スネークスキングリーン、ミントグリーン、ライトグレー、ラヴァ(溶岩)レッド、ラヴァグレー、ディープチャコール、アイボリー
  • ラウンドカット

2:Haute Gems(オート・ジェム)

  • 贅を凝らしたオートクチュール(婦人服)の豪華さをジュエリーで表現
  • 宝石:ルビー、ピンクトルマリン、ペリドット、イエローベリル、トパーズ、アメシスト、ジェイド
  • マーキス、プリンセス、スクエア
  • シルクやレースを連想させる繊細な金細工
  • ブラックゴールド、ブルー色のシルバー、インビジブルセッティング

3:Easy-Trans-Form(イージー・トランス・フォーム)

  • フォーマルから気軽につけられるジュエリーへと、姿形を変える「作り」
  • 動くパーツやロケット
  • セラミック、ロッククリスタル、アメトリン、オパール、レインボームーンストーン、ラブラドライト
  • フロストカラー、遊色効果、バイカラー

4:Self-Art(セルフ・アート)

  • ジェネレーションYの消費行動を特に意識したテイスト
  • さびた感じ、ハンドメイド、自己表現のためのもの、ヴィンテージスタイル、ポップアート、シュールレアリスム、ストリートアート
  • 合成ダイヤモンド、キュービックジルコニア、アクリル、レジン、コリアン(人工大理石)、合成素材、3Dプリンターで生み出される素材、ホウライト、ターコイズ、ブラックダイヤモンド、ブラウンダイヤモンド、ラピスラズリ、ラッカー、エナメル、クリスタル、さまざまなカラーのチェーン
  • 鮮やかな色、ブラック、パステル、ラピスラズリ、キャラメル
  • ブリオレット、ドロップシェイプ、フラワーシェイプ、彫りを施した石、カボション

GEM VISIONSには、ジュエリーをデザインする人、作る人、ファッションに関わっている人の役に立つヒントがいっぱいです。

 

GEM VISIONS TREND DIRECTION 2017 by SWAROVSKI

Since 2014 Swarovski has been presenting trend and design vision that gives directions for the fine and bridge jewelry every year. This year Gem Visions 2017 was announced at JCK Las Vegas held in June. In order to analyze and forecast trends and designs, Swarovski composed a special team of experts. The main consumers are Generation Y (there are no precise dates for when the generation starts and ends, however generally it says children born between 1980s until 2000).
There are Four Major Trend directions for 2017:

Existence, Haute Gems, Easy-Trans-Form and Self-Art
For more information, please go to—-
swarovski-gemstones Gem Visions 2017

スワロフスキー1/ Ring by Csaba Hegedüs拡大

フォルムが斬新なリング Existence: Ring by Csaba Hegedüs

スワロフスキー2/Tennis bracelet by Crieri拡大

自在に動くテニスブレスレット Easy-Trans-Form: Tennis bracelet by Crieri

スワロフスキー3/Orchid ring by Lydia Courteille拡大

手一杯に広がる華麗なリング Haute Gems: Orchid ring by Lydia Courteille

スワロフスキー4/Earrings by Nemanja Ilic拡大

ポップアートのようなイヤリング Self-Art: Earrings by Nemanja Ilic

スワロフスキー5/Earrings by Vicky Lew拡大

アルマイト、シルバー、淡水真珠、スワロフキージルコニアのイヤリング Haute Gems: Earrings by Vicky Lew