ジュエリー&ピープル Nancy Newberg(ナンシー・ニューバーグ)NYバーニーズに才能を発掘されてプロに転身

Nancy Newberg(ナンシー・ニューバーグ)ファッションデザイナーからジュエリーデザイナーへ 

ナンシー・ニューバーグのジュエリーを見ていると、小宇宙を思い起こす。ゴールドの格子状に並んだ小粒のパールは、まるで生物のようだ。有機質と無機質が共存した世界は、エレガントな構造を作り出し、繊細でシックだ。ジュエリーの素材は、14Kゴールド、オキシダイドシルバー、ダイヤモンド、パール、そしてカラーはピンク、ホワイト、ブラック、またはゴールドカラーのメタルにピンク、ホワイト、グレー、ゴールドパールをマッチングさせている。ナンシーは、ジュエリーに関わる前は、自社アパレルブランドを展開していた。だからジュエリーには、洋服作りのさまざまな要素が見られ、スタイリッシュだ。彼女のジュエリーは、昼、夜、どんなファッションにも合わせられる。ファッションスタイルというものは、とてもパーソナルでクリエイティブなものだが、ナンシーはそれを実現している。

Text=Olivier Dupon

 

K 14ピンク・ホワイト・イエローゴールドにパールのバングル。拡大

K 14ピンク・ホワイト・イエローゴールドにパールのバングル。Cluster Cuffs respectively in 14K pink, white and yellow gold with matching pearls.

K14・パール、ダイヤモンドのリング。拡大

K14・パール、ダイヤモンドのリング。Assortment of various rings (Cluster Rings, Cigar Bands) all in 14K gold with pearl and / or diamonds.

K14YG・ダイヤモンド・パールのイヤリング。拡大

K14YG・ダイヤモンド・パールのイヤリング。 Teardrop Earrings in 14K yellow gold with diamonds and pearls.

Q1~Q9

Q1 ジュエリーを熱愛する理由は?

A ジュエリーで自己表現ができるところ。女性には世間に自分を示すための一つの手段だと思います。

Q2 ジュエリーの仕事を始めたきっかけは?

A 本当に偶然です。宝石の展示会で、ダイヤモンドのビーズに一目惚れして購入し、自分でネックレスとブレスレットを作りました。それを身につけてニューヨークのバーニーズに買い物に出かけたら、デザイナー部門のセールスの女性が私のジュエリーに注目してくれて、バイイング・オフィスに招かれ、そこでチーフバイヤーからジュエリーを制作するように薦められたの。既成のパーツを使わずにオリジナルを作ることもアドバイスしてくれました。それから数カ月後、ニューヨークの製作工房を紹介してくれて、ナンシー・ニューバーグのジュエリーが誕生したのです。
www.nancynewberg.com

Q3 あなたの経歴を教えてください。

A ロサンゼルスのオーティス・カレッジ・オブ・アート&デザインでファッションデザインを専攻し、服のデザイナーとしてキャリアをスタートしました。自分のブランドも立ち上げたのですが、3人の息子を育てるために一時、店を閉じました。息子が成長するにつれて、デザインがしたくて、模索していたのです。

Q4  自分自身をどんなジュエラーだと思いますか?

A 日や気分によって差がありますが、私の仕事のスタイルは基本的に整頓されていてシンプルです。だけど、時にはもっと複雑にしていく必要もあると思っています

Q5 どうしても手放せないジュエリーはありますか?

A 祖母の形見のゴールドブレスレットはいつも身につけています。祖母が世界中を旅行した時に集めたチャームがぶら下がっています。

Q6 どのように起業しましたか? 難しかったですか?

A 7年前に設立し、波もありますが、わりと順調です。地元のロサンゼルスに協力してくれる製造会社が見つかったことが幸いしています。

Q7 ビジネスは基本のモデルを踏襲しましたか? それとも「感」が頼りでしたか?

A ファッションを製造販売していた時に培った営業の方法で、スタートしました。まず少ないサンプルを作り、ブティックに持って行きます。

Q8 営業はどのようにしているのですか?

A ニューヨークで販売専門チームと契約しました。特にデザイナージュエリーに強いところです。おかげで、毎月、販売店舗が増えています。

Q9  SNSの影響はありますか?

A はい、もちろん。インスタグラムはデザイナーやブランドの販売に有効です。直接消費者に商品を見せられます。かなりの数の新しい客を開拓しました。

ダイヤモンドをラインにあしらったゴールド、ブラックのフレームのバングル。拡大

ダイヤモンドをラインにあしらったゴールド、ブラックのフレームのバングル。Gold and Black Frame Cuffs with diamond brackets.

K14・オキシダイドシルバー・ダイヤモンドのチェーンネクレス。拡大

K14・オキシダイドシルバー・ダイヤモンドのチェーンネクレス。 Assortment of various Chains all in 14K gold and oxidised silver, set with diamonds.

拡大

Nancy Newberg(ナンシー・ニューバーグ)

Q10~18

Q10 ブランドのコンセプトを簡潔に教えてください。

A モダンで、タイムレスなファインジュエリー。

Q11 コンテンポラリージュエリーにパールを使うのはなぜ?

A 私はパールが大好きです。オキシダイドシルバーと組み合わせると、クラシックなデザインにモダンな感覚を表現できます。

Q12  オキシダイドシルバーが多い理由を教えてください。

A イスタンブールに旅行した時、オキシダイドシルバーとイエローゴールドをミックスしたジュエリーを見ました。マットな黒とゴールドのコントラストが気に入って、自分でも作るようになったのです。見た目がおしゃれだけでなく、商品の価格を抑えることができます。ゴールドは高価ですから。

Q13 建築のような立体感、形を狙っているのでしょうか?

A 建築やグラフィックが好きだから、自然とそういう形になるのです。

Q14 これまでの仕事で最も難しかったことが?

A 3Dプリンターで制作しているバングルです。3Dプリンターの初期の頃だったので、納得いくまでいくつもサンプルを作りました。

Q15 これまでの人生で、ジュエリーの制作に影響をしたことは何でしょうか?

A 母と祖母がジュエリー好きだったことです。ヴィンテージ、ヴァン クリーフ&アーペルなどたくさんのコレクションを持っていました。

Q16 現在のジュエリーマーケットについて、何か考えを教えてください。

A 現代の女性は、男性の「ブラック・タイ」のようなフォーマルなジュエリーは必要としていません。欲しいのはライフスタイルに合い、つけやすいことです。

Q17 ジュエリー業界に貢献していることは何でしょう?

A 私は、地元のロサンゼルスの工房で制作していることが誇りです。アメリカの工賃は高いですが、それでもクラフトマンの生活が成り立つようにしたいと思います。

Q18 「ジュエリーのない世界」について一言お願いします。

A 花のない庭。

Nancy Newberg

Microcosms come to mind when looking at Nancy Newberg’s jewellery creations: the often-used small pearls look like small organisms that populate grid-like structures (not unlike farmed). Likewise solid gold chain links are often roped or beaded, again giving the impression that organic matter is growing from within the rigid frames. A symbiosis between the organic and the inorganic offers elegant compositions. Steeped in contemporary allure, the pieces are indeed sensual and chic.

Although minimalist in nature (14K gold or oxidised silver with only a few recurring components – diamonds and/or pearls), the variety resides in all the possible combinations (pink, white, black or yellow metal with matching pink, white, grey or gold pearls), the apparent compartmented clusters of pearls of different sizes, or the black and gold combo (even more glamorous than black and white). All this points to Newberg’s fashion and business acumen. It is no surprise then to learn that she used to manage her own clothing label years before successfully launching her fine jewellery brand.

It is also true that there is a sartorial quality to her renditions, a similarity with the world of sewing patterns and embroideries, and as a result, Nancy Newberg jewellery easily translates into stylish silhouettes. Talk about jewels that effortlessly lead you from day to night!

Although style is a very personal thing, only a few individuals can creatively harness the right version of it, and Newberg is undeniably one of them.

www.nancynewberg.com

 

Q1 What makes you passionate about jewellery?

A Jewellery makes a statement about who we are and how we feel. It’s a way for a woman to express herself to the world.

Q2 How did you come to be working in the jewellery field?

 A Completely by accident! I went to a gem show and purchased some diamond beads that I fell in love with. I created a few necklaces and bracelets with the beads and wore them while shopping at Barneys in NYC. A saleswoman in the designer department noticed my jewellery and sent me to the buying office for staff to take a look. The head buyer loved my creations and although she did not place an order she did encouraged me to start a collection. She strongly suggested that I create original pieces and not use findings that were readily available to others. It took me a while to go forward with the concept of working in the jewellery field. A few months later I was introduced to a local manufacturer, who I really liked and Nancy Newberg Jewellery was born.

Q3 What is your background?

 A I have a BFA degree in Fashion Design from what’s now known as the ‘Otis College of Art and Design’. I designed clothing for many years and eventually started my own label. Once I had my three boys I closed up shop and stayed home to raise a family. I missed designing and as the boys grew older I was eager to find another outlet for my creativity.

Q4  What type of jewellery person are you?

 A It depends on the day and my mood. My style is fairly edited and minimal but when it comes to jewellery, sometimes I just feel the need to pile it on.

Q5 What is the piece of jewellery you cannot part with? How did you come to own it?

A It is my gold charm bracelet. My grandmother travelled the world and would buy a charm everywhere she went. I treasure this bracelet and the memories of my grandmother.

Q6 When did you set up your business? Was it easy or difficult?

 A I started about seven years ago and although there was a learning curve it all went pretty smoothly. I was fortunate enough to find a local factory here in LA who was willing to guide me through the production and manufacturing process.

 Q7 Did you follow a business model or just your instincts?

 A I followed the same model as when I began my clothing line. I created a small sample collection and took it to the buyers at my favourite designer clothing boutiques.

Q8 How do you manage to grow your business?

 A I’ve hired a sales team in NYC that specialises in designer jewellery. My retail store list is now growing monthly.

Q9 Has the social media revolution had an impact on how you do business?

 A Yes! Instagram is a great selling tool for designers and brands. I can showcase my pieces directly to the customer. I’ve gained a following and quite a few customers.

 Q10 I n a few words, can you describe the core concept of your brand?

 A A fine fashion jewellery collection that is modern yet timeless with an edge.

 Q11 How did you come to redefining the role of pearls in contemporary jewellery?

 A I have always loved pearls! By combining white pearls with oxidized silver and diamonds, I am able to create a collection that is a modern take on classic design.

 Q12  Can you tell us more about the prevalence of oxidised silver in your work?

 A During the early design stages while I was creating my first sample collection, I travelled to Istanbul where I saw oxidized silver being mixed with yellow gold. I loved the contrast between the matt black and the polished gold so I too began to mix metals within my pieces. Not only was it a great fashion look, it also helped keep my prices down since the gold was at an all time high at the time.

 Q13 Have you always been drawn to architectural volumes and elliptical or industrial (cage, chain, cog) shapes?

 A I love architecture and graphic design so those shapes just come naturally to me when I draw.

Q14 What was the most technically challenging step in creating your pieces?

 A Many of my cuffs are made on 3D printers. This was a new technology when I began and each design required many samples before I was happy with the final piece.

Q15 How has your personal history informed your creations?

 A My mom and grandmother were both obsessed with jewellery and had large collections of everything from vintage to Van Cleef. I am sure my passion for beautiful jewels came from these two very stylish women.

Q16  What is your vision of the fine jewellery field at the moment?

 A Women are no longer interested in purchasing “black tie” jewels that can only be worn on special occasions. They are happy to make an investment in a piece but it needs to fit into their lifestyle and must be wearable.

Q 17  What is your contribution to making the jewellery field more sustainable?

 A I’m proud to say that my pieces are all handcrafted in Los Angeles. Manufacturing in the US is getting more costly all the time but I have made the decision to support the local craftsman.

Q18   Please complete: ‘a world without jewellery would be like…

A a garden without flowers’.

Text=Olivier Dupon

Olivier Dupon is a 21st century tastemaker and author of Fine Jewelry Couture (2016), SHOE (2015), Encore! The New Artisans (2015, Floral Contemporary (2014), The New Pâtissiers (2013), The New Jewelers (2012) and The New Artisans (2011), all published by Thames & Hudson.
INSTAGRAM <https://instagram.com/olivierdupon>