カルチャー&プレゼント 横浜美術館「ファッションとアート 麗しき東西交流」展、4月15日(土)より開催

「ファッションとアート 麗しき東西交流」展が横浜美術館にて、2017年4月15日(土)~6月25日(日)に開催

今は洋服が当たり前の毎日ですが、約150年前までは日本人は着物を着て生活していました。1000年にも渡って着物を着続けていた当時の日本人が、どのような流れで洋服を受け入れ、着こなしていったのでしょうか。

「ファッションとアート 麗しき東西交流」展が横浜美術館にて、2017年4月15日(土)~6月25日(日)に開催されます。

1859年の開港以来、横浜は開港の場所の1つとして、西洋の食や洋服などさまざまな文化を受け入れるのと同時に、日本の着物や美術品が輸出され、西洋では浮世絵が注目を集めるなどジャポニスムのブームが起こりました。「ファッションとアート 麗しき東西交流」展では19世紀後半から20世紀前半のファッションと美術にスポットを当て、美しいドレスを中心に、工芸品、宝飾品、絵画、写真など計約200点を展示。東西の文化交流によって、日本と西洋で全く違うファッションや生活様式が、どのようにお互い受容され、影響しあい、発展していったのかを紹介します。

見どころは、京都服飾文化研究財団が所蔵する、ドレスや服飾品など約100点にも及ぶ展示物です。着物の帯柄にインスピレーションを得て作られたドレスや、洋風の大胆な柄にモダンな配色の着物など、横浜では初の展示となる貴重な衣服を間近で見ることができます。

明治維新以降、皇族や上流階級の貴婦人たちはいち早く洋装を取り入れました。昭憲皇太后が着用したという大礼服の豪華なドレスも必見です。ドレスの裾を後方に長く延ばしたトレーンには日本刺繍の菊の花が施されていて、その細やかな美しさに魅了されることでしょう。

画家が描いた絵画からも、当時のファッションを知ることができます。日本の絵画に、日本髪に西洋の帽子をかぶってドレスを着た女性が描かれた一方、西洋画には着物を着た女性が描かれたものが残されていて、当時流行した和洋折衷のスタイルが見て取れます。

関連イベントとして、宝飾研究家で日本宝飾クラフト学院理事長でもある露木宏さんを講師に迎え、「日本のジュエリーの歴史と美」をテーマにした講演会などもあります。
Text=Machida Akemi


「ファッションとアート 麗しき東西交流」展

■会期2017年4月15日(土)~6月25日(日)
休館日は木曜日、5月8日(月)
*5月4日(木・祝)は開館。
10:00~18:00
(2017年5月17日(水)は20:30まで)入館は閉館の30分前まで。

■横浜美術館

■観覧料
一般1,500円
大学・高校生900円
中学生600円
小学生以下無料
65歳以上1,400円(要証明書、美術館発売所でのみ対応)
※6月2日(金・横浜開港記念日)は観覧無料

関連イベント

■講演会
2017年4月22日(土) 14:00~15:30
テーマ「日本のジュエリーの歴史と美―近代の髪飾り、帯留、指輪など」

講師・露木宏

会場・横浜美術館レクチャーホール

定員・240名(事前申込不要、当日12:00より総合案内にて整理券配布)

参加費・無料

■ギャラリートーク
2017年5月26日(金)15:00~15:40
テーマ「ジュエリーの東西」

担当・長谷川珠緒(横浜美術館学芸員)

会場・企画展展示室

参加費・無料(事前申込不要、当日有効の観覧券が必要)

お問い合わせ TEL 045-221-0300(横浜美術館)

http://yokohama.art.museum
写真上から

ターナー[イギリス]「ドレス」1870年代
京都服飾文化研究財団蔵
リチャード・ホートン撮影

「昭憲皇太后着用大礼服」
1910年頃(明治末期)
共立女子大学博物館蔵

月岡芳年
「風俗三十二相 遊歩がしたさう 明治年間 妻君之風俗」
1888(明治21)年
35.6×24.1cm
京都服飾文化研究財団蔵

鏑木清方「嫁ぐ人」1907(明治40)年 
絹本着色、一幅
182.8×115.4cm
鎌倉市鏑木清方記念美術館蔵 *5月20日からの展示

ジュール=ジョゼフ・ルフェーヴル[フランス]
「ジャポネーズ(扇のことば)」
1882年
油彩、カンヴァス
 130.8×90.2cm
クライスラー美術館蔵
Gift of Walter P. Chrysler, Jr.

ルネ・ラリック [フランス]
「チョーカーヘッド《菊》」
1900年頃
金、エマイユ
 h.6.3×w.9.8cm
箱根ラリック美術館蔵
近藤正一撮影

PRESENT

抽選にて読者5組10名様に、横浜美術館にて開催される「ファッションとアート 麗しき東西交流」展の招待券(2枚1セット)をプレゼントします。

プレゼント応募条件:【キーワード】と【ニナ リッチの記事に関する感想】の2点です。
*感想はキーワード欄に続けてお書きください。*ご希望の展覧会名をご記入ください。

プレゼントキーワード:Jewelry Brand NINA RICCI記事内にあります

応募先:応募フォームより必要事項をご記入の上、ご応募ください。

締め切り:2017年3月24日

招待券の発送をもって、当選者の発表とさせていただきます。

 

 

 

応募フォームへ ▶︎

拡大

「ドレス」

拡大

「昭憲皇太后着用大礼服」

拡大

「風俗三十二相 遊歩がしたさう 明治年間 妻君之風俗」

拡大

「嫁ぐ人」

拡大

「ジャポネーズ(扇のことば)」

拡大

「チョーカーヘッド《菊》」