BJ EYE Angry Gioielli(アングリー・ジョイエッリ)サファリ感覚を取り込んだイタリアのジュエリー

子どもの頃の空想をジュエリーに形づくる

クリエイティブディレクター、ファビオ・アングリに才覚により、アングリー・ジョイエッリの彫刻的なジュエリーは驚異的にリアルな動植物に進化しました。極め付きは、「ノアズ・アーク(ノアの箱船)」。宝物のようなコレクションで、300 種類以上のデザインがあり、空想に耽った子供の頃を思い起こさせ、同時に確かなクラフトマンシップを堪能させてくれます。このコレクションはアングリー・ジョイエッリの重要な存在です。

Angry Gioielliというブランド名を訳すと、「怒ったジュエリー」ですが、このインパクトの強い名前に反して、ジュエリー自体の表現やスタイルは特異でなく、身につける人が楽しんでつけられます。遊び心あるブランド名について、「単純に私の苗字AngriがAngryになり、個人的に不愉快なことが多かった時代に付けたので、この名前になりました」とファビオは言います。いまは、直面したさまざまな困難を克服し成功したことを、ファビオはジュエリーを見るたびに思い出すのかもしれません。アングリー・ジョイエッリはリングもペンダントも小ぶりで、チャーミングで、落ち込んでいる気分を撃退してくれるパワーを持っています。

「私はジュエリーデザインという仕事が非常に好きです。自分の感性や感情を表現できるのですから。日々、一筆の線や色彩によってデザインが変化するのも見ていて楽しいです。他の仕事をするなど全く考えられません。本当にこの仕事を愛しているのです」とファビオ。

「私は両親の宝飾工房で8歳の頃から、彼らの仕事に感銘を受けて育ちました。子どもの頃、何かに突き当たると耐えることを学びました。しばらくすると、制作したいという気持ちが高まってきました」

アングリー・ジョイエッリの前身は1977年にイタリア・ヴァレンツァで創業しました。創業者であるファビオの父サルヴァドール・アングリは、石留めの職人でした。その会社を引き継いだファビオは、エキゾチックで技巧的な動物や花の世界を作り始めました。ジュエリーの世界にサファリ感覚を取り入れました。

「すべてのジュエリーはハンドメイドです。まずアイデアが浮かび、それをデザインし、その後ワックス作業に入ります。その後、打ち合わせで細かくチェックし、最高の作品に仕上げるのです。トラが燃える火の輪から飛び出て来るペンダント、しっぽでつながったサルのリングやブレスレットは身につける人にとって掛け替えのないジュエリーになります。可愛らしさだけのジュエリーにならないよう作りにこだわり、素材も上質なものを用いています。主に18金と天然石です」

アングリー・ジョイエッリの作品を見ていると、ファビオの関心ごとは、ビジネスとしてジュエリーを製造するのではなく、夢を与えるためであることを確信します。
www.angry.it

*Brand Jewelry Web メールマガジン登録 はこちら

Angry Gioielli

Under the patronage of its creative director, Fabio Angri, Angry Gioielli has elevated the art of naturalistic sculptural jewellery to heavenly heights with hyper-realistic flora and fauna renditions. In particular, the Noah’s Ark they have developed is a treasure trove of more than 300 designs to date that feeds our inner child’s sense of wonder and our grown-up appreciation for luxury craftsmanship. This is indeed precious jewellery with a serious pedigree. In contrast to the brand’s name, the style of expression is not aggressive or brash, but rather jewellery that exhorts more self-confidence. The name implies a sense of playfulness and double entendre. “It is simply a wordplay on my surname Angri”, Fabio says, “it became ‘Angry’, as in ‘Angry Jewellery’, following troubled times in my personal life.”

Is it then a way for Fabio to be reminded of how he successfully overcame those temporary difficulties whenever he looks at his creations?

After all, each ring or pendant is like a bite-sized treat, the metals and gemstones skilfully morphed into charming companions that surely have the power to ward off even a hint of a bad mood!

I am passionate about jewellery design as it is a chance to convey my personal impressions, to express my emotions via simple drawings. You can see them changing day after day with a pencil stroke or with the use of colours. I have never thought of any other career; I have always wanted to do this and I deeply love what I do”, Fabio shares. “I literally grew up in my parent’s stone setting lab and I have been totally fascinated since the age of 8. In retrospect, the piece of advice I would tell my younger self is to hold on even when everything is stacked against you. Only then will you find the strength needed to create, but only if you truly want it!”

Alongside his father, Salvatore Angri – a skilled stone setter who created the brand in 1977 in Valenza, Italy – Fabio is now crafting a utopian kingdom of exotic and ingeniously set wild animals and flowers. The result is fantastic, in every sense of the word. Angry Jewellery breathes exotic, safari-scented air into the world of fine jewellery.

All our pieces are handmade. First the idea takes form, and then I create the drawing that will be developed into wax. At this stage, there’s usually a team assessment to make sure the piece will bring the best outcome possible”, he explains. From the roaring tiger jumping at onlookers through a ring of fire – the perfect pendant to imply ‘don’t mess with me’ – to the cheeky monkeys, lined up in a row by holding each other’s tails, in a three-finger ring via the splendid blue orchid bangle that creeps along one’s wrist, each creation is meant to champion or befriend its owner / wearer. They all avoid cutesiness thanks to their sculptural poise and noble materials (18K gold and traditional precious gemstones).

Looking at this benevolent menagerie and natural homages one would not think that one of Fabio’s biggest daily concerns is “the amount of bureaucracy one endures when running a business!” The renditions are so uplifting that one’s worries are banished, chased away by the lifelike detail and lightness of the pieces. This is jewellery made for escapism.

Text=Olivier Dupon

Olivier Dupon is a 21st century tastemaker and author of Fine Jewelry Couture (2016), SHOE (2015), Encore! The New Artisans (2015, Floral Contemporary (2014), The New Pâtissiers (2013), The New Jewelers (2012) and The New Artisans (2011), all published by Thames & Hudson.

INSTAGRAM <https://instagram.com/olivierdupon>

拡大

falcon

拡大

fish

拡大

three monkeys

拡大

angry tiger

拡大

sunflower