BJ EYE Museo del Gioiello イタリア・ヴィチェンツァで、世界のキュレーターによる「ジュエリー展」

イタリア・ヴィチェンツァのジュエリー美術館で世界の10人のキュレーターによる「ジュエリー展 第2弾 2017-2018」開催中

急行列車でヴェネツィアからミラノ行きに乗って約40分、ヴィチェンツァ駅周辺の市街地はジュエリー産業で世界的に有名な地域です。街の中心地はルネサンス期に活躍した建築家アンドレア・パッラーディオが手掛けた建物が連なり、「ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパラーディオのヴィッラ」としてユネスコ世界遺産に登録されています。中世の佇まいを現代に伝える町並みはヨーロッパのシックな趣をたたえ、ゆったりと散策するのにおすすめです。

1月と9月、ヴィチェンツァの郊外でイタリア最大のジュエリーショーVINCENZAORO(ヴィチェンツァオロ)が開催されます。2016年9月のショーでは、イタリア国内から1,300ブランド、その他35カ国のジュエリー企業が出展し、来場者は1万9,000人と活況を見せました。2017年は1月20日—25日に開催されます。1月は多くの出展者が新作を展示するため、新しいジュエリーデザインの流れを知ることのできるチャンスです。

2016年12月16日からヴィチェンツァのジュエリー美術館で、世界的に活躍する10人のキュレーターによる「ジュエリー展 第2弾 2017-2018」が開催されています。410㎡以上のスペースに約400点のジュエリーを展示しています。この展覧会をディレクションするのは、当美術館の館長アルバ・カペリエーリ氏。さらに今回はニューヨーク・アート&デザイン博物館のグレン・アダムソン氏、ヴァン クリーフ&アーペルのC.E.O、ニコラス・ボス氏など、ジュエリーに精通した10名が協力し、展示作品を選びました。

館内は9つの展示に分かれています。テーマは、シンボル、マジック、ファンクション、ビューティ、アート、ファッション、デザイン、アイコン、そして未来。ジュエリーの原点である「権力」を象徴したアンティークからアートジュエリーまで、さまざまなインスピレーション、技術、素材が見られる絶好の機会です。「あらゆる時代や文化、テイストの多様なジュエリーが揃いました。これは人類史と同じです」とアルバ・カペリエーリ氏。

VICENZAOROに行った際はもちろん、年間を通して開催されているので、ジュエリーの仕事に関わっている人、勉強している人、好きな人には必見の展覧会です。

Museo Del Gioello Vicenza
www.museodelgioiello.it/en

開館 火曜—金曜 15:00-19:00 /土曜・日曜 11:00—19:00

写真上から

ヴァン クリーフ&アーペル、クリップ、1947
プラチナ・イエローゴールド・サファイア・ダイヤモンド
Van Cleef & Arpels, Clip, Paris, 1947
Platinum, yellow gold, sapphire, diamond
Van Cleef & Arpels Collection

 

フィブュラ(ブローチ)、古代ローマ、紀元前2世紀
ブロンズ、エナメル
Fibula, Imperial Roman Period, 2nd century A.D.
Bronze, polychrome enamel
5×4.7cm
Sopritendenza Archeologica del Veneto, Padua

 

カステラーニ&トマソ・サウリーニ
シェルカメオ、ゴールド、フィリグリー
Castellani and Tommaso Saulini
Papal reglia and insignia, Rome, 1883
Cameo of shell, gold, filigree gold
9.5×5cm
Gioielleria Pennisi Collection, Milan

 

ネパール、10世紀
ゴールド、サンゴ、ルビー、エメラルド
Nepal, 10th century
Gold, coral, ruby, emerald
7×9cm
Antonino De Simone collection

 

ジャンピエロ・ボディーノ
チョーカー、ローザ・デ・ヴェンティ、2013
レッドスピネル、エメラルド、ブルーサファイア、イエローサファイア、アメシスト、ダイヤモンド、ピンクゴールド
Giampiero Bodino
Choker, Rosa de Venti, 2013
Red spinel, emerald, blue sapphire, yellow sapphire, amethyst, diamond, pink gold
36×4cm
Unique Piece

*Brand Jewelry Web メールマガジン登録 はこちら

Museo del Gioiello

The Museo del Gioiello is inaugurating a fascinating journey through time and jewellery history in a new exhibition to mark the start of the 2nd edition 2017-2018 with ten new international curators in attendance. The first in Italy and one of only a few in the world exclusively dedicated to jewellery, located inside Vicenza’s Basilica Palladiana – a 16th century historical building listed as UNESCO World Heritage since 1994 – the Museo del Gioiello jewellery museum has clocked up 34,000 visitors since its opening on 24th December 2014. A project, devised and launched by Fiera di Vicenza, it is managed by Italian Exhibition Group S.p.A. (IEG)- the new trade show company generated by the merger between Rimini Fiera and Fiera di Vicenza – in partnership with Vicenza Council.

The new display, which will be available for viewing over the next two years, will, just as the previous exhibition did, continue to provide an innovative trip through the semantic complexity of jewellery in all its meanings connected to time, culture and taste, summarizing the history of mankind from an extremely heterogeneous point of view.

The over 410 m² of museum area, curated and directed by Alba Cappellieri, Professor of Jewellery Design at Milan Polytechnic and Italy’s leading scholar within the sector, hosts a selection of about 400 jewellery items, all of absolute excellence and prestige, chosen on the basis of the sensitivity of the nine international curators involved: from Glenn Adamson, Director of the New York Museum of Arts and Design, to Nicolas Bos, President & CEO of Van Cleef & Arpels; from the art critic and collector Helen Drutt English, to anthropologist Cristina Del Mare, from the art historian Alessandra Possamai to Stefano Piaggi, Director of Archivio Anna Piaggi; from architect and designer Marco Romanelli, to the art historian and author Paola Venturelli and the multi-awarded designer Odo Fioravanti.

The upper floor of the Museum hosts nine themed exhibition halls taking the visitors on an unexplored journey through time and culture – Symbol, Magic, Function, Beauty, Art, Fashion, Design, Icon, Future.  The innovative arrangement was designed and staged by designer Patricia Urquiola.

Information about the Museo del Gioiello and its biennial exhibitions, including the temporary shows that are also staged throughout the year in the area on the ground floor, is available on the website: www.museodelgioiello.it which has been totally renewed and now features even more multi-media integrations.

ヴァン クリーフ&アーペル拡大

ヴァン クリーフ&アーペル、クリップ、1947

フィブュラ(ブローチ)拡大

フィブュラ(ブローチ)、古代ローマ、紀元前2世紀

カステラーニ&トマソ・サウリーニ拡大

カステラーニ&トマソ・サウリーニ

Antonino De Simone collection拡大

ネパール、10世紀 ゴールド、サンゴ、ルビー、エメラルド

ジャンピエロ・ボディーノ拡大

ジャンピエロ・ボディーノ チョーカー、ローザ・デ・ヴェンティ、2013