注目ブランド MIKIMOTOミキモト / 1937年発表の「矢車」の進化系が新発売

真珠の養殖成功、125周年を記念して「YAGURUMA」を2018年1月に発売

ミキモトの創業者である御木本幸吉が、1893(明治26)年に世界で初めて真珠の養殖に成功してから125周年を迎えるのを記念して、2018年1月に新作ジュエリーコレクション「YAGURUMA」が発売されます。

真珠の養殖が発明された当時、日本の女性は和服を着て生活していました。お手本になるようなネックレス、ブローチを扱う宝飾店がなかったため、御木本幸吉はヨーロッパに職人を派遣させ、何が海外で流行っているのかを研究しました。そしてついに、ヨーロッパに負けないデザインと作りのジュエリーを世に送り出したいという御木本幸吉の夢は実現します。それは、1937年のパリ万博に出品された帯留「矢車」です。真珠とダイヤモンド、エメラルドが整然と隙間なくセットされた「矢車」は、帯留を基本にブローチや髪飾り、指輪など12通りの使い分けができるということで、当時、注目を集めました。

今回のコレクションは、その「矢車」を新たな視点で解釈したベルトやブレスレット、ペンダントです。クラシカルなアールデコ調のデザインが華やかで目を引きます。中央に1粒の真珠を配置したトップの部分は、緻密なダイヤモンドのセッティングと透かしのデザインで、より立体的でモダンに仕上がっています。一流のクラフトマンの仕事とわかる彫金の細かな作りには思わず見入ってしまうほど。昭和初期を代表するアーカイブジュエリー「矢車」から誕生したコレクションは、ミキモトの伝統を感じさせる特別なものです。

Text=Machida Akemi

写真上から

帯留「矢車」(ミキモト真珠博物館蔵):1937年(昭和12年)のパリ万博に出品。部品の組み合わせにより、帯留のほかブローチやリングなど12通りに使うことができる多機能ジュエリー。

ジュエリーコレクション「YAGURUMA」
2018年1月25日発売

ベルト
K18WG・アコヤ真珠・ダイヤモンド・白蝶貝・クオーツ。¥22,000,000

 

ブレスレット
K18WG・アコヤ真珠・ダイヤモンド・白蝶貝・クオーツ。¥12,000,000

 

ペンダント
K18WG・アコヤ真珠・ダイヤモンド・七宝。¥640,000
K18YG・アコヤ真珠・ダイヤモンド・七宝。¥610,000

※すべて税抜き

 

www.mikimoto.com

 

 

帯留め 矢車 拡大

YAGURUMA ベルト拡大

YAGURUMA拡大

YAGURUMA ペンダント拡大

YAGURUMA ペンダント拡大